お湯

当店のお茶はやさしさ、品の良さ、香・甘・苦・渋のバランスにこだわったお茶です
とくにまろやかに成分を出す為に必ず4〜5分くらい十分に沸騰させたお湯をご利用ください。
当店にお越し頂いたお客様から
「ここでいただくように美味しくお茶を淹れる事ができない」
「このようにまったりと濃厚に淹れる事ができない」
とおっしゃるかたがいらっしゃいますが
だいたいのお客様は沸騰させてすぐに火を消してお茶にご利用される方が多いです。
当店のまったりとしたお茶の味を出すには必ず4分〜5分ほど沸騰させて水の中にある空気、カルキを抜いてください。そうする事で濃厚な旨味のあるお茶を淹れる事ができます。

 



湯冷まし

湯冷ましは使用する商品によって変化させていきます。
お湯は基本、器を移すごとに約10℃温度が下がるといいます。高級茶は温めの温度でじっくりと、普通煎茶、下級茶は高温の温度で手早く淹れる事によって美味しく召し上がる事ができます。










お茶の葉の量

お茶の葉は茶匙にたっぷりと使用します。当店のお茶は「優しさ」「品の良さ」をテーマに作られています。お茶の量が少ないとただ味の薄いお茶になってしまいます。茶匙大盛り1杯で約2〜3人分(200ccくらい)の量を淹れる事ができます。(写真6g)







茶師の極みシリーズ、 一葉入魂シリーズ
 

一回に使うお湯の量200cc お茶の葉の量6g
【湯冷まし】熱湯→ポット→湯冷まし→湯のみ(少し長めに時間をおいて)→急須
の順により60〜70度くらいの温めのお湯で淹れていきます
進出時間は1分〜1分半くらいです。
二煎目につきましては

【湯冷まし】熱湯→ポット→湯冷まし→急須
ぐらいで浸出時間をほとんどかけずに急須にお湯を通すぐらいの気持ちで注いで頂いても

一煎目によってお茶の葉が開いているので成分がよくでます。


 

茶師の息吹シリーズ(緑の光、緑の恵
 

一回に使うお湯の量200cc お茶の葉の量6g
【湯冷まし】熱湯→ポット→湯冷まし→湯のみ→急須
の順により70度くらいの温めのお湯で淹れていきます
進出時間は40秒〜1分くらいです。

二煎目につきましては
【湯冷まし】熱湯→ポット→湯冷まし→急須
ぐらいで浸出時間をほとんどかけずに急須にお湯を通すぐらいの気持ちで注いで頂いても
一煎目によってお茶の葉が開いているので成分がよくでます。


 

茶師の息吹シリーズ(やすらぎ、あじわい、ぬくもり

一回に使うお湯の量200cc お茶の葉の量6g
【湯冷まし】熱湯→ポット→湯冷まし→湯のみ→急須
もしくわ 熱め、渋目のお茶がお好みの方は

【湯冷まし】熱湯→ポット→湯のみ→急須
の順により70〜80度くらいの温めのお湯で淹れていきます
進出時間は40秒〜1分くらいです。

二煎目につきましては

【湯冷まし】熱湯→ポット→湯冷まし→急須
ぐらいで浸出時間をほとんどかけずに急須にお湯を通すぐらいの気持ちで注いで頂いても

一煎目によってお茶の葉が開いているので成分がよくでます。

Top